時事マラソン

世の中の動きに対するアンテナを高く保つ

ダイキン、中国部品使わずエアコン生産 有事に備え

ダイキン工業は、2023年度中に有事に中国製部品がなくてもエアコンを生産できるサプライチェーンを構築します。


これまで日本企業はコスト競争力の高い中国に生産拠点や部品調達先を集中させてきました。財務省によると、中国からの20年の輸入額は17兆円と全体の4分の1強の26%を占めます。特に家電製品や自動車の部品については中国への依存度は高く、ダイキンも10年代半ばから部品調達で中国への集中が進み、中国からの割合は20年には金額ベースで35%まで高まっていました。


ダイキンの部品調達比率は21年には20%まで引き下げましたが、今年に入ってゼロコロナ政策を受けた上海のロックダウンの影響で一部製品の生産が減少する事態も生じました。それ以外にも米中対立による供給途絶リスクや地政学リスクもあります。


ダイキンはただちに中国製部品をゼロにするのではありません。まずは、省エネなど中核機能に関わる部品を日本国内で内製化する。さらには、中国以外に工場を持つ取引先に生産を要請、中国にしか生産拠点を持たない取引先には、他国でも製造できるよう工場の新設を求めていく方針。平常時は中国から部品を調達する体制を維持しつつ、非常時には他地域からも調達できる体制を構築していくようです。


対中リスクを考えると、製造業の取るべき道のひとつのモデルになると思います。ただ、ダイキンの生産するエアコン空調の部品点数は約3000点と多いですが、それでも自動車の10分の1と少なく、まだサプライチェーンを構築しやすいと言います。自動車など、もっと部品点数が多い業界・企業はさらに大変になってきます。

 

www.nikkei.com

DMG森精機、最大級の太陽光 自家消費用で三重に

DMG森精機は、2025年、三重県伊賀市の拠点に、出力が1.3万キロワットと自家消費向けでは国内最大級になる太陽光発電設備を導入します。

 

同社は外部からCO2排出権や再生可能エネルギーで作られた電気を購入することなどにより、事業活動に伴うCO2排出をすでに実質ゼロにしていましたが、世界的な電力不足が深刻となることから、自前の再エネを増やして、かつコストを抑えながら「カーボンゼロ」を持続可能にする体制を整えていくようです。


今回は電力を購入する需要家の敷地や工場を活用し、発電事業者が発電設備を設ける「オンサイトPPA(電力購入契約)」と呼ぶ仕組みを使います。テス・エンジニアリング大阪市)が同事業所の屋根に順次設け、DMG森精機は電気を20年間買い取るほか、設置に必要な屋根の工事などに10億円強を投じていきます。


工作機械メーカーが再エネ導入を意欲的に進める背景には、顧客企業がサプライチェーン全体でCO2を減らし、脱炭素に取り組んでいる動きがあるからです。たとえば、米アップルは30年までに、供給網全体で排出量を実質ゼロにすることを目指しており、取引先であるDMGもやらなくっちゃということのようです。


どんな目的であっても、最終的にCO2排出量が減らされ、温室効果ガスの低減につながるのであれば、何でも構いません。どんどんやってほしいと思います。

 

www.nikkei.com

J1初の女性主審 山下良美さん

めちゃくちゃ小さい記事ですが、大きな一歩です。


昨日、雨中の国立競技場で行われたFC東京vs京都戦で、J1史上初めて女性審判が主審を務めました。文字通り、日本サッカー界の女性主審の先駆者でもある山下良美さん、36歳。


彼女が歩いた道はほぼ「史上初」がついてまわります。2021年5月にJ3の試合でJリーグ史上初の女性主審となり、2022年4月には、ACLアジアチャンピオンズリーグ)史上初の女性主審に。7月には、女性審判として初のプロレフェリー契約を結んだことが発表され、昨日のJ1デビューに繋がりました。


昨日のゲームは、副審は男性だったのが少し残念でしたが、女性だけで男子の試合の笛を吹くのも時間の問題でしょう。


そして、何といっても、今年11月にカタールで開催されるワールドカップの主審候補者36名に選ばれていることがすごいです。同大会は、W杯史上初めて主審3名、副審3名の6名の女性審判員が選ばれています。日本のJ1は昨日が初めてでしたが、ヨーロッパのリーグでは女性主審は既に笛を吹いています。しかし、W杯はまだいません。


36名は主審候補ですから、本大会で笛が吹けるかはまだ分かりません。これからふるいにかけられます。女性6名の内、何人が本大会のピッチに立てるのか?その中に、山下さんは含まれるのか?そして、女性主審として史上初めてW杯の笛を吹くことになれば、それはもう快挙です。


ちなみに、今大会、日本からは山下さんのみが審判団に名を連ねています。日本の男性主審候補者は選ばれていません。ということは、日本のレフェリーの代表として、ひとりでカタールに乗り込むことになります。


山下さんの感心するところは、何でもかんでも女性初と言われることは本意ではないけど、自分に注目が集まることによって、サッカーには選手やコーチだけではなく、審判員や運営スタッフなどいろいろな役割の人がいる、そういうところに目を向けてくれる人が少しでも増えたらいい、もっと女性審判も増えて欲しいし、プレーヤーも増えて欲しい、女子サッカーがより発展してほしいという気持ちがあると語っているところです。


カタール大会での日本代表の活躍ももちろん楽しみですが、山下主審の晴れ姿も楽しみにしています。

 

www.nikkei.com

 

エリザベス女王、チャーチルの教え守り政権の「相談役」

8日に亡くなった英国のエリザベス女王。約70年の在任期間中に15人の首相を任命しました。最後の15人目となったのが、亡くなる2日前に任命されたトラス新首相でした。エリザベス女王が過去の14人の首相にはできて、トラス氏にはできなかったことが「女王への情報報告」です。


英国の歴代の首相は毎週バッキンガム宮殿に出向いて女王に謁見し、女王に国内外の政治情勢を報告してきました。会話の中身は外には明かされません。1952年に即位した女王に最初に情勢を報告したのは、名宰相と呼ばれる故チャーチル首相です。英政府の資料によると80歳近かったチャーチル氏は最初の謁見で、20代の女王に「私は生涯の経験から女王に助言ができる」と語りかけたそうです。さらに彼女も重ねた年齢や経験を生かし首相に助言する時が来ると説きました。チャーチル氏は情勢報告で家庭教師のように法律や議会の慣習などを説明し、謁見は2時間に及ぶこともあったそうです。年齢はおじいちゃんと孫ですが、立場は女王と仕える首相。なかなか興味深い図式です。


女王は政治的中立が原則だが、内政・外交と無縁ではありません。チャーチル氏の言葉通り、その後は政権の陰の相談役を担いました。1990年まで11年の長期政権を築いた故サッチャー首相は後に「女王との面会を形式的とか儀礼だと想像するのは間違いだ」と述懐しました。国の方向性に少なからず関わっていたということでしょう。


1956年のスエズ動乱の時の経験が、1982年のフォークランド紛争時のサッチャー氏への助言に生き、イラク戦争を巡り批判を受けていたブッシュ米大統領には緩やかに擁護、今年3月のカナダ・トルドー首相の面会の際にはウクライナの国旗の色である黄色と青の花が飾られていました。


ジョンソン前首相が面会の感想で「女王はケネディ米大統領やインドのネルー初代首相まであらゆる人物を知ってる、歴史と政治に関する驚くべき権威だ」と言っていますが、もちろんリップサービスはあるものの、その言葉の説得力は半端ないと思います。


日本の皇室の模範のひとつとも言われている英王室ですが、日本もちょっとはこうなったらいいのになと思います。天皇陛下も皇后の雅子さまも見るからに賢そうで、勉強もされていそうで、私たち国民からの信頼も厚い。この何とも難しい「さりげない助言」ができる方たちだと思います。まあでも、日本では無理でしょうね…。

 

www.nikkei.com

旧統一教会問題招いた政治家の無関心 政治と宗教「共通善」目指せ

宗教にあまりに無関心な政治家が、教義や世界観にあまり頓着せず、選挙応援など実利面を評価して関係を結ぶ。宗教学者島薗進氏は、そうした姿勢が「社会的にさほどの支持も得られていない宗教団体が大きな影響力を持ち、国民生活にも累を及ぼす一因になった」と話し、この記事は始まっています。


自民党と旧統一教会は、教団が1968年に設立した反共産主義の政治組織『国際勝共連合』を軸に接近した。宗教団体としての実績がまだあまりないにもかかわらず、『反共』という点で一致しているから共闘できると考えたのはあまりに安易だった。教団はその後も合同結婚式霊感商法で批判を浴び、教祖の文鮮明氏も米国で脱税の実刑判決を受けた。にもかかわらず、92年には文氏が政治的判断で日本入国を許可されている。」


「2009年には教団の関連企業が霊感商法を巡って摘発された新世事件が起きている。旧統一教会の教えには、日本は特別の罪を負っているがゆえに、韓国あるいは教団の教祖に貢献しなくてはならないという内容が含まれている。選挙に協力してもらえるからというだけで、自民党の政治家がそのような教団と関係を持っていたのは、日本の政治史上の汚点だ」と。


宗教と政治が関わり合いを持つこと自体を否定しているわけではなく、共通善や望むべき社会のありかたについて考えを促すことにポジティブな面もあるとは言われるものの、あまりに安易につき合い過ぎた、脇の甘い対応だったと言わざるを得ません。本来ならば、安倍元首相の国葬とは分けて考えたいところではありますが、ここまでこじれてくると絡まった紐を解くのは容易ではありません。

 

www.nikkei.com

ヤクルト村上宗隆、圧巻の2発で王に並ぶ55号

ヤクルトの村上宗隆内野手が昨日、神宮球場で行われた巨人戦で1964年の王貞治に並ぶ日本選手シーズン最多の55号本塁打を放ちました。

 

ここのところ2試合ノーヒットが続き、前日はDeNAエスコバーの155キロを太ももにぶつけられ途中交代するなど心配していましたが、圧巻の2発。それも巨人のエースの菅野投手からとストッパーの大勢投手からの一発。見事でした。


王さんの55本との比較が神戸新聞に載っていましたが、王さんは55本の内、49本がライトスタンドへの打球ですが、村上選手はレフトスタンドからバックスクリーン、もちろんライトスタンドまで広角に放り込んでいます。先週、甲子園で52号を目撃しましたが、阪神のエースの青柳からバックスクリーン左の深いところに放り込んだ一発には度肝を抜かれました。阪神ファン一色のスタンドも「ちょっとすごいな、バケモンやな」と何とも言えない異様な雰囲気でした。


王さんの記録は1964年ですから、実に58年ぶりの到達で、あと残すところは、同じチーム・元ヤクルトのバレンティンの60本のみとなりました。自身の背番号に並び、あと5本。超えるためには6本。残り試合数が15試合。3試合に1本で5本。仮に王さんが60本なら、偉大な王さんの記録を抜くのは…なんて変な雰囲気にもなりそうですが、外国人のバレンティンなら日本人選手が抜いてくれと、ファンはもちろん、他チームの選手も少しは思っているかもです。

 

さらには、優勝争いが熾烈なら、勝負もシビアになりますが、ヤクルトはマジック11と優勝に向けて秒読み段階に入っています。ホームラン王のタイトル争いもあるなら、四球合戦も昔はありましたが、何せ2位の選手の倍以上打っていますから、その心配もなし。何なら中日ドラゴンズはチーム全体で59本と、村上選手と変わりません。


今シーズンのプロ野球完全試合ノーヒットノーランが続出し、投手の防御率が軒並みよく、3割打者が両リーグで数えるほどしかいない「投高打低」が顕著になっていますが、ひとり別次元の成績を残す村上選手。令和初の三冠王もほぼ手中に収めていると言ってよく、あとはシーズン本塁打記録の更新。ぜひ達成してほしいです!

 

www.nikkei.com

米国の難関ミネルバ大、日本を訪問地に追加検討

2014年秋開校から丸8年。全寮制で学生が世界7都市を移動しながら授業はすべてオンライン。各都市での実地課題解決学習を学ぶなど、ユニークな教育手法で知られる米国のミネルバ大学が学生数を3.5倍に増やすとともに、日本を訪問地に加えることを検討しているとのことです。


世界の7都市は、1年目がサンフランシスコ、2年目がソウルとハイデラバード、3年目がベルリンとブエノスアイレス、4年目がロンドンと台北で、1都市に半年から1年滞在し、授業を受けながら、企業でインターンシップなどもして過ごすそうで、その訪問地に日本を入れたいと、8月に来日したマギー学長が話しています。


訪問地を増やす理由としては、学部生の人数を現在の600人から2100人に増やす計画があるからで、規模の拡大とキャパの拡大を慎重に行いたいと。日本には厳しい定員規制がありますが、アメリカにはないので、これだけ大胆な拡大計画が可能です。合格率も1%と超難関なので、入学したい学生にとっても朗報でしょう。


マギー学長が今の高等教育機関についてどう思っているのかが、なかなか興味深いです。「従来の大学モデルは存続するし、研究に基礎を置く大学のモデルも間違いなくあり続ける。しかし、全ての教育機関は先に述べた学修成果を学生が身につけられるかどうかによって、ますます評価されるようになると強く確信している。その流れをミネルバは先導していく。」と言います。


より具体的に「問題を複数の文脈、領域、文化をまたいで明敏に分析できることや、容易でない挑戦を成功させる革新的な解決策を生み出すことが求められる。他者にビジョンを伝え、あることがなされないといけない理由を納得してもらったり、解決策を実装するために協働したりすることも必要だ。」とも。


これらを1都市ではなく、7都市で学べる。キャンパスが世界。自分が大学生ならぜひ学んでみたいですが、合格率の低さにさすがに躊躇してしまいます。

 

www.nikkei.com